食事をしっかりとって内臓脂肪を減らす

食事回数が少ないだけで肥満体質に!?
最近の研究では、朝食を食べるこということは結果的に太りにくい状態につながっていくということが明らかになってきています。朝食を抜くということは、エネルギーを燃焼させるということのスイッチが入らず、悪循環がはじまってしまうきっかけになります。
理想の食事回数としては、あまり時間をあけないようにして食べるということを考えると、やはり三回が理想的です。夕食が遅くなりすぎるという場合には、夕食を食べるよりも前に、おにぎりやかけそばなどで軽く食事をしておきましょう。そして、帰宅をしてからおかずを食べるようにして、一日四食にするということも適切です。あまりに空腹になってしまい、一気に食べてしまうことが血糖値が上がることの原因になります。それは、結果的に太りやすい体質を導いてしまうことになるのです。

内臓脂肪を減らして ポッコリ下腹を撃退!
体重が増えたというわけでもなく、下腹がたるんでいくという状態に悩んでいる人も、多いのではないでしょうか。下腹の皮下脂肪を燃焼させるためには、特定の順序があります。実は、内臓脂肪を減らしている状態でなければ、皮下脂肪を減らすということはできなくなるのです。
自宅に内臓脂肪を計ることができる体重計がある場合には、それを使って調べてみてください。体重は標準であっても、内臓脂肪が多めになっている、と表示されることもあります。
もし内臓脂肪が多めであるという場合には、内臓脂肪を減らして下腹がぽっこりしている状態を解消するために、三週間ほど特定の骨盤エクササイズをしてみることをおすすめします。どうしても取ることができなかった下腹の肉を、すっきりさせることができると思います。

Comments are closed.

free blog themes