コラーゲンの減少が原因で

真皮という部分が、その七割ほどがコラーゲンによって形作られているともいわれています。しかし、これは紫外線や加齢といった原因によって減少をしていってしまうものでもあるのです。コラーゲンが減少をすることは、しわだったりたるみの原因になってしまいます。

しかし、特別なマッサージを行って真皮を刺激することによって、コラーゲンの再生能力を高められることもあります。美顔を目指すのであれば、コラーゲンは不可欠なものなのですね。

Comments are closed.

free blog themes