フレッシュハーブとドライハーブについて

フレッシュハーブとドライハーブの差は実に3倍近くあるということがわかっています。フレッシュハーブには、その季節のものなのでなんといっても新鮮という良い特徴がありますが、その反面、植物なので手に入らない時期があり、年中楽しめるというものではありませね。 また、生なので成分が溶け出しにくかったり、フレッシュハーブ特有のアクがあるので苦手な人もいるかもしれません。ドライハーブは、完全に乾燥しており腐らないので、年中いつでも手に入り、香りも強いです。 世界中、古くからどの国でも、お茶は基本的には乾燥させるという手法で使用しているので、これはハーブにも言えることです。にフレッシュもドライもそれぞれの良いところがあるので、その特徴を利用してハーブを楽しみむのがいいでしょう。

Comments are closed.

free blog themes