ハーブについて

ハーブ(Herb)は、ラテン語のハーバ(Herba)が語源になっており、英語で「薬草」を意味しており、広辞苑などで意味を調べると「薬草・香料の原料となる植物」と書かれています。
つまり、人々のリラックス、快適な生活の役に立つ植物をハーブと呼ぶ事ができるでしょう。

現在は葉の部分だけではなくその植物の実・皮・葉・根などからその木までもハーブと呼ばれており、化粧品・料理・香辛料・お茶・病気予 防や健康食品、・アロマなどにも幅広く使われています。ハーブは美容成分があるので、化粧品や入浴剤などにぴったりで、香りがあるのでリラックス、アロマやキャンドルは精神安定効果があるおでその特質を利用して使われています。
ハーブは各国それぞれで種類が異なるので、それぞれに適した方法で家庭で一般的に利用されています。
ハーブ特質は自然由来のものなので、体に負担をかけるこが少なく、人工的な薬と違って体に少しづつ作用し自然治癒力で健康的になっていきます。
ハーブはたくさんの効能があるので、どんどん生活にとりこんでいくといいでしょう。

着物や浴衣、七五三用のレンタルショップ
■東京で着物レンタルしているお店の着物レンタルがおすすめ。

絶対に身に付く!!
■日常会話も夢じゃない・・東京にある中国・韓国語教室「GAION」

Comments are closed.

free blog themes