ハーブを2つに分類した場合

ハーブは特徴から2つにわけることが出来るといわれています。 ひとつは嗜好品として、ハーブティなど他の紅茶やコーヒーと同じ様に普段から飲むもの。そしてもうひとつの特徴は薬用として飲むということがあります。通常の飲み物として飲むことに関しては危険性は低く安全です。 薬用とする場合はその効果は高いのですが、使用方法を守らないと大変危険なものとなります。

Comments are closed.

free blog themes