活性酸素の除去について

ハーブには酸化を防ぐ効果があります。この酸化、という言葉をよく聞きますが、酸化とは活性酸素が発生することにより、活性酸素が体中の細胞と結びついて細胞を傷つけることを酸化といいます。この活性酸素発生の原因はというと、老化の原因物質である“活性酸素”は、生きる上で必ず必要な食物によって発生します。この食物をもとにした栄養素と呼吸にでエネルギーが発生しますが、これらは酸素を体内で燃焼することでできあがります。しかし、このときすべての酸素が燃やしきれず発生してしまう物質が“活性酸素”となります。ハーブは何百種類もありますが、すべてに共通する有効成分が酸化防止作用、いわゆる老化防止作用よいうものです。ハーブティーには活性酸素を取り除いてくれる酸素SODと呼ばれる活性酸素除去酵素が多量に含まれているので、食後にハーブティーを飲むと食事から発生した活性酸素に働きかけるので酸化防止に非常に効果があります。普段の生活にハーブをよく利用することによって、色々な症状等を改善することができます。 シミやシワの原因である皮膚の酸化、 動脈硬化をはじめ成人病全般の原因といわれる血管の酸化、痴呆症の原因である脳の酸化など。

Comments are closed.

free blog themes