3つのハーブ活用法

1.薬用的効果
ハーブテイにはそれぞれの種類によりさまざまな薬用効果があり、病気の予 防の他、美容に効果があることは広く知られています。ストレスを和らげ、若返り、脳を活性化、疲労回復、体をあたためるなどの様々な効能があります。また、ハーブティーは目で見て楽しむといったこともでき、紅茶や日本茶の色は茶色や緑など大きくは差がありませんが、ハーブは、バリエーションにとんでおり、ピンクや水色などさまざまな色を楽しめます。ハーブからエッセンシャルオイルを抽出し、その香りを楽しめる 芳香的効果もあります。その効能 は体に作用するのでリラックス、リフレッシュ効果を得る事ができます。アロマテラピーに比べ香りは強くはありませんが、ハーブからも同じような効果があります。 具体的にはスパイスとして料理に使ったりお茶として飲むことが一般で、リラックスやボディケア(クリームなど)に利用する場合があります。また染物の染色剤として利用されたり、防虫剤 、アロマオイルの主原料として使われたりします。

Comments are closed.

free blog themes