ダメージにならないためにシャンプー法を考える

シャンプーをしているときのやり方によって、髪にとっては痛みにつながってしまったり、ダメージになってしまうことがあります。意外と、これは知らない人が多いようですね。
ヘアケアをしっかりと行っているつもりなのに、髪が痛んでしまうというときには、もしかしたらシャンプーのやり方そのものが間違っているかもしれません。

ですが、正しいシャンプーのやり方なんて存在するのか、と疑問に思う人もいるかもしれません。確かに、正しいシャンプーのやり方というのは存在しているのです。
人によって洗い方やかける時間も変わってくるかと思いますが、正しいやり方は存在しています。
ダメージにならないためには、髪をぬらすまえにブラッシングをすることが大事です。これによって、髪を洗っているときに絡まってしまうということを防げます。それから、シャンプーをしっかりと泡立てて洗うことも大事です。泡立てたときの泡が最も高い洗浄力を持つためで、髪同士の摩擦や、すすぎ残しを防止することもできます。
シャンプーを終えたら、毛先から根元の部分まで、できるだけ地肌にはつけないように気をつけながら、丁寧にトリートメントをするようにしましょう。時間をかけて浸透させるようにすれば、効率的に洗うことができます。最後にはすすぎ残すことがないように、しっかりと洗い流しましょう。
ちなみに、髪を洗ったあとは髪を強く拭いたり、こすったりせずに、優しく水分を扱うようにするのが一番です。仕上げには洗い流さないタイプのトリートメントを付けることで、より効果的になるかと思います。すぐに改善をすることは難しいかもしれませんが、毎日継続していくことで、痛んだ髪も修復していくことができるでしょうし、きれいにしていくことができるかと思います。

Comments are closed.

free blog themes