三食しっかり摂りましょう

現代人には、夜更かしをするという人が非常に増えてきています。また、夜中の間に働いている、という人も増えてきています。しかし、人間の中にはもともと生体リズムというものが存在しています。生物時計、といえるようなものが働いているのです。夜の寝る時間になると、血液の中にはメラトニンという物質が増加していき、体温も下がることになります。夜に起きている時間を長く続けても、体が慣れてくるということはありません。

生物時計と実際の時間の関係が乱れてしまい、内的脱失調といわれる状態になってしまいます。起きて働いているのにも関わらずメラトニンが増えてしまうことになり、体温が低下をし、この時間に働くということは知らないうちに体に対してのストレスになってしまっています。このリズムが狂ってしまうということは、肥満の原因にもなることです。朝を人間の体が判断するときには、光が関係しているといわれています。夜に人工の強い光を浴びている現代人としてみれば、自然とこういったリズムに変化が起こってしまっているのです。また、統計的には夜更かしをしている人には肥満が多くなっており、ストレスも多くなっているということも、こういった原因があると考えられます。夜に働かなければならないということであれば、二食になりがちな生活になります。食事と食事の間に、少し食べ物を食べる、というように心がけたほうがいいかもしれません。昼間働く人よりも、カロリーのコントロールには十分に気をつける必要があります。
昼間の仕事や、学生であるという場合には自分の生物時計に合わせて、早めに寝るということを心がけるようにしましょう。

管理人オススメサイト
■百貨店の取り扱いもある有名な和菓子のギフトなら大阪堺の老舗なら相手の方にも喜んで頂けます。

Comments are closed.

free blog themes