世界のハーブについて

世界中にあるハーブの種類は、かなりの種類があり、30,000とも50,000とも言われていますが実際のところ正確にはわかりません。西洋ではハーブ医学もさかんですが、大体150から200種類の薬草の使い方を知っていればほとんどの病気に対して効果を得ることが出来る様です。

ハーブがとれる原産地として有名なのが、まず
ヨーロッパ種というもので、タイム、ミント、バジル、カモミールなどがあげられます。これらは ローマ時代に地中海地方からヨーロッパ全域に広まりました。 次にアジア種というものがあり、 月桂樹、サンショウ、しそ、ショウガ、くこ、ざくろ、またごく身近にある薬草、香草、などがあります。 最後に熱帯種ですが、シナモン、レモングラス、ウコン、キャッツクロウ、バナバ、ローズゼラ、ステビア、レモンバーベナなどがあります。 世界中でハーブは古くから人々の生活に取り入られ、効果を発揮してきました。

チャンスは自分でつかむ。

  • あきらめないで下さい。今まで不登校でも海外に留学する事でリスタート出来ます。

Comments are closed.

free blog themes