ハーブの種類について

ハーブの種類は、かなり多く、約3000から5000ともいわれていますが、正確な数はわかっていません。「ハーブ」の語源はラテン語の「herba」からきており、意味は「草」です。ハーブの多くは良い香りがしていて、 現在人気がでてきたのは日本だけでなく、アメリカ、ヨーロッパなどの欧米諸国、アフリカなどの南半球、アジアの国々でも同じようにさかんです。この流行は、自然の中にある力をつかって自然を大事にしようと言う考え方がからくる風潮が原因と考えられます。 21世紀においては環境問題は無視できない問題なので、この流行は続くでしょう。 21世紀はハーブが欠かせない時代となることは間違いありません。

Comments are closed.

free blog themes